「働き方改革に対応する 労務管理・賃金制度」

セミナーへの参加をご希望の方は、下記専用フォームから、またはFAX用紙をダウンロードして必要事項をご記入の上お申し込みください。

【ご来場の皆様に下記資 料を進呈します。】
1.事例豊富なテキスト  2.地域生計費データ  3. 同業賃金データ

内 容

働き方改革関連法案の2大ポイントが企業経営に与えるインパクト
 働き方改革関連法案の2大ポイント
 「長時間労働の是正」「同一労働同一賃金」
 時間外手当に関するこれからのNGワード
 「出勤簿」「固定残業」「みなし管理職」
 同一労働同一賃金は多面的なアプローチが必要
 雇用形態、職務内容、役割・責任、負担リスク
「時間外労働の削減」対策 変形労働時間制と時間外管理の徹底
 変形労働時間制の導入で時間外労働を削減
 「1か月単位」「1年単位」選択のポイント
 タイムカード未導入企業の今後のあり方
 社員の意識改革と残業申請制度の導入の実務
 固定残業制導入済み企業が取るべき対策
 みなし残業時間の削減と業務改善の進め方
「同一労働同一賃金」への対応策 雇用形態・諸手当・時間外の見直し方
 「パートタイム労働者」「契約社員」「正社員」
 雇用形態別の役割、負担リスクを明確化
 雇用形態別の諸手当支給の考え方
 雇用形態によって不支給にしてもよい手当
 管理職の範囲認定と時間外手当対策
 管理職認定の可否基準と適正な役職手当金額
働き方改革に適合する人事制度 「職務・役割基準賃金」と「生産性評価 」
 基本給は年齢・勤続基準から職務基準に
 ゾーン基本給表と昇給表で組み立てる
 諸手当は「属人的手当」「職務関連手当」
 手厚くする手当と、少なくする手当のポイント
 人事評価の活用で生産性向上を後押しする
 生産性、効率性の人事評価項目設定の事例

【講師】
(株)吉岡経営センター  取締役副社長 池内 孝行
20人の中小企業から1,000人の上場企業まで幅広く「人事賃金制度構築」「管理職教育」に取り組み、150社以上の支援実績。


開催要項

日程 2018年11月15日(木) 13:00〜16:00(受付開始12:30) 
会場 (株)吉岡経営センター 2階 セミナールーム
札幌市中央区北6条西24丁目 YM ビル
受講料 5,000円(テキスト代、消費税含む)
 ※受講料は当日会場にてお支払いお願いいたします。
備考 お申込受付後、受講票をお送りいたします。
お問い合わせ (株)吉岡経営センター コンサルティング部 【担当:小野・斎藤(雄)】
TEL 011(644)-8988
ホームページのお申込みは以下フォームから FAX用お申込用紙(PDF)ダウンロードはこちら

 

セミナーお申し込みフォーム

お申込みは、下記のフォームからお願いします。
❊印の必要事項をご記入のうえ、”送信”ボタンを押してください。


2018/11/15(木) 「働き方改革に対応する 労務管理・賃金制度」
セミナーお申し込みのきっかけ 





法人名 
業種
出席者1    役職 
出席者2    役職 
E-Mail 
郵便番号  (例)060-0000
都道府県
市区町村
番地  (番地・ビル名)
電話番号  (例)011-111-XXXX
FAX  (例)011-111-XXXX
備考
(600字以内)
【ご注意】
メールフォームでお申し込みいただいた後、開催日1週間前になっても当社から連絡がない場合には
お手数ですがお電話(TEL 011-644-8988)にてお問い合わせください。

   

フォームを使用しないで、メールをお送りいただくことも可能です。
seminar@yoshioka-group.jp 宛てにお送りください。

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

メール

メール

ページトップ